2014年05月13日

クマ診断と対策を知りたい!

目元のクマは年齢の老若に関係なくあらわれます。


クマがあると、実年齢よりマイナス4歳に見られたり、
疲れた印象になってしまったりと
マイナスだらけ!


クマにも種類があり、
ケアの仕方を間違えると悪化させてしまう事に。


自分のクマの種類を確認してみましょう!

クマの種類.jpg

《1.青クマ》
血液循環が低下しており、
青っぽい、もしくは黒ずんでいる。


コンシーラで隠せたり、
目の下の皮膚をそっと引っ張ると
多少目立たなくなります。


《2.茶クマ》
メラニンの増加による色素沈着が原因で、
茶色っぽくなっている。


コンシーラで隠せたり、
目の下の皮膚をそっと引っ張っても
上を向いても変わらない。


《3.黒クマ》
加齢によって目の下がたるみ、
そのたるみの影が発生した状態。


コンシーラでカバーしにくい、
鏡を持って顔を天井に方へ向けると
目立たなくなります。



それぞれのクマの原因は?

《1.青クマ》
血行不良によって目の下の静脈が
うっ滞して青く見えるのが青クマ。


先天的要因が大きく、冷え症や色白の人に多いく、
疲れや寝不足などで血行が悪くなると目立ちます。


加齢によって皮膚が薄くなるとさらに目立つことに。


《2.茶クマ》
目元はメラノサイトの活動が盛んで、
色素沈着しやすい部分です。


アイメークを落とす時や目がかゆい時などに
こすりすぎると色素沈着になり、
茶色いクマのようになるのです。


アイメークが濃い人は注意、
もちろん紫外線を浴びることでも悪化します。


《3.黒クマ》
加齢に伴って目の下の皮膚が薄くなってたるみ、
その下が影になって黒く見えるのが黒クマ。


上から照明が当たった時に
特に目立つのが黒クマの特徴です。


むくみが加わるとさらに目の下がたるんで
影ができやすくなり目立ってしまいます。



それぞれのクマの解消方法は?

《1.青クマ》
寝不足やストレス、冷えなど
血行不良を招く要因を遠ざけることが大切です。


全身の血流を良くするため適度な運動も習慣にしましょう。


目元の血流をアップさせるために
取り入れたいのがマッサージやツボ押し。


目元は皮膚が薄く、こするようなマッサージは
色素沈着を招くから行わないで、
軽くプッシュするマッサージがおすすめです。


《2.茶クマ》
茶クマは目元のこすりすぎが大きな原因なので、
クレンジングの時などにこすらずに優しくケアすること。


アイメークを落ちやすいものに替えるのも
こすりすぎを防ぐコツになります。


毎日のスキンケアに美白化粧品を取り入れ、
週1~2回ピーリングをしてメラニンの排出を促して。


目元にかゆみがある人は、
まず皮膚科で治療することをお勧めします。


《3.黒クマ》
黒くまは目元のエイジングケアコスメで、
目の下の肌にハリをもたせることがポイント。


いったんたるむと改善しづらいので、
早いうちからエイジングケアを心掛けると良いです。


黒クマが定着してしまったら
メークでカバーするのが残された道。


パール系コンシーラーで
凹みにふっくら感を出せばうまく隠せます。



どうして目の下にだけ現れるのでしょうか?

下まぶたの皮膚はとても薄いんです。


1日約2万回以上のまばたきや、
眼球を支えているため、
疲労や加齢が現れやすくなります。


そこへ次のような行動が重なれば
クマは濃く深くなります。

・コンタクトを毎日使用している。

・アイライン、マスカラ、つけまつ毛、
 まつ毛エクステのいずれかを、毎日使っている。

・スマホや携帯、パソコンを、
 一日3時間(合計時間)以上使っている。



普段の生活でのケア方法!

コンタクトもアイメイクも下まぶたに
多大な負担をかけたとしても、
生活には必要不可欠ですよね。


ちょっとした心がけとケアでクマ解消!
ぜひ実践してすっきり目元を叶えましょう!


コンタクト使用している方へ
必ず眼科で処方箋をもらい、
自分の目に合うものを、
使用時間を守って使いましょう。


マスカラやアイラインのクレンジング方へ
専用リムーバーで、下まぶたに
負担をかけないように落としましょう。


下まぶたのファンデーションは
クリームタイプのクレンジング料で
やさしく汚れを浮き出させるように取りましょう。
※この時、マッサージは禁物です!


洗顔後の保湿で気を付けましょう
化粧水とクリームを使いましょう。


クマがひどい場合はクマ専用の美容液を、
使用上の注意を守って取り入れるようにしましょう。


強いマッサージをしたり指圧すると、
かえってクマが濃くなり色素沈着を
起こす場合があるので要注意です! 


保湿剤は優しくなでるように塗りましょう。



クマのケアに期待大の栄養を紹介!

3つの栄養素を「ACE(エース)」!
肌表面のケアはもちろん、
食事から栄養を行き渡らせて
肌の内側から整えることも重要です。


血行をよくして代謝を活発にするビタミンAやE、
メラニンが濃くなるのを防止するビタミンC。


以下の食材を参考に、自炊や外食時などで
積極的に摂ることをお勧めします。


《植物性ビタミンA》
ウナギ・レバー・ニンジン・ホウレン草など


《ビタミンC》
ブロッコリー・イチゴ・芽キャベツなど


《ビタミンE》
タラコ・カツオ・アーモンドなど


「目は口ほどに物を言う」
という諺をご存知ですか
その人の存在感は目元に出ます。


自分は元気でも、クマのせいで
疲れた雰囲気や暗い印象になっては悲しいですよね。


クマは一日で改善は難しいです、
継続することで必ず大きな結果につながります。


クマを改善する手段の一つとしてクリームがある事
ご存知でしょうか?




目元のお悩みを根本から改善する話題のアイクリーム!『アイキララ』こちらから



こちらの商品の効果に関する口コミでは、
早い人で2週間、遅くても1ヶ月で効果を実感しています。


全額返金保証がついていますので、
もし効果がなくても損することがなく済みます。


試す価値がある商品なのでここに載せました。


あなたの悩みが解消する手助けになります様に、
最後まで読んでくれた事に感謝、
ありがとうございます(^^)

posted by さ~よう at 22:25| Comment(0) | お肌に大切な事 | 更新情報をチェックする